大分県の松井商会
歯科医院開業支援 開業 改装 コーディネーター
松井健郎です

その△旅洪靴らすっかり時間が経過して参りまして
既にデンタルショーで話を聞いた内容を忘れつつありますが^^;

ブログを更新することの一番の大きな目的は
業界関係者の方々へ有益な情報を提供することなのですが
実はそれ以外に大きな目的が私にはあります

それは得た情報を発信する為には
当然のことながら自分自身が理解することが大切なわけで
自分自身の頭の整理を行うということだったりするのです

また文章として残せば、忘れてしまった時に見直すことにより
再度、自分自信も確認することが出来ますのでそこが大きかったります

時々あるのが、機械や材料などを調べようとしてググってみると
私のブログがヒットしたりと(笑)
そこで自分自身が書いたことを見直して、おおっ!そうだったのか!
等と再認識することがあったり。。。

まあ、私自信もそうですが、少しでも皆様のお役に立っているのであれば幸いでございます


さて、本題に戻りましてデンタルショーレポートをさせていただきたいと思います
今回は3回目、そして最終回のレポートではございますが
器具や材料等のご紹介をさせていただきます

まず最初は材料関係からご紹介です
1つ目はIvoclar Vivadent(イボクラ)さんからリリースとなった
他に類似品のないオンリーワン商品
モノボンドエッチ&プライムです
DSC_6236

この商品はガラスセラミックス用のセルフエッチングプライマーなのですが
従来、ガラスセラミックスを長期的に安定した接着強度を得るためには
フッ化水素(フッ酸)によるエッチングが不可欠でした
しかしながら、日本ではチェアサイドにてフッ酸を使用する事ができず
接着前処理を十分に行う事が出来ませんでした

この商品は、従来必要と言われておりましたフッ酸処理の代替えとして
エッチング処理を行う事ができるだけなく
同時に試適後のクリーニングとシラン処理までも行う事が可能です

ガラスセラミックスによる補綴物を扱われている歯科医院さんに於かれましては
必ず1本常備していただきたい商品ですね


2つ目は、ここ最近各社がリリースをしております
MTAセメントのご紹介です

株式会社茂久田商会さんが
操作性も高く、コストパフォーマンスの高いMTAセメントをリリースされました
MTA Plus という商品です
DSC_6199

真ん中にある除菌ウェットティッシュは関係ありません^^

しっとりが長持ちし、混ぜやすいジェルタイプを採用しており
粉とジェルの比率を変えることにより
パテ状でもフロー状でも使用することが可能です
容器は最小限だけを使って保存ができる、キャップ付きのケースに収められております
必要な分だけ専用のスプーンですくって
使用後はキャップを閉めて保管をることが可能です
これにより、1回あたりのコストを大きく抑えることが可能です
1回あたり0.05g使用した場合、約600円で使用することが出来ますので
今までコストを気にされていた先生には一度お試しいただきたい商品です
また、グレー色だけではなく、歯が黒くならないホワイトタイプも用意されております
ホワイトでもグレーでもエックス線の造影性は十分にあるとの事です


3つ目の商品は、まだ薬事未承認品ではありますが
デンツプライさんから発売予定となっております
ウェーブワンの新商品
DSC_6240

ウェーブワンゴールド
従来は21番、25番、40番の3種類でしたが
今回のゴールドは、20番、25番、35番、45番と
ラインナップが増えたようです
DSC_6241

ウェーブワンといえば、1本のファイルで拡大が完了するという
画期的なシステムで話題となりましたが
その後継であるゴールド従来の物よりも柔軟性が増して
折れにくくなっているようです
詳しくは下記の動画で
もちろん英語ですが^^;


4つ目は佐藤歯材さんからリリースされております
消毒滅菌関連の薬材のご紹介
アロマフレグランス入りの洗浄剤です
DSC_6219

良薬口に苦しではありませんが
強い薬液であればあるほど、どうしても匂いが気になりますよね
こちらの商品に関しましては専用のアロマフレグランスを入れることによって
薬液の効果効能を損なうことなく、消毒を行うことが可能です
DSC_6220

フレグランスを混ぜてから専用のスプレー容器に移し替え
布などに噴霧して表面を拭いた後、60秒放置してから自然乾燥
または拭き取ります

アルデヒドやフェノールを含んではおりませんが
肝炎ウイルスやHIVなどには30秒で効果を発揮します
薬液の香りが苦手という方もいらっしゃると思いますし
院内の香りや雰囲気にこだわりたい先生にはオススメです
効果効能だけでなく、香りや環境にも配慮した製品が今後益々普及してくるでしょうね


5つ目は、モモセ歯科商会さんが扱っております
ドイツ、コメット社から2種類のバーをご紹介いたします

まず最初は軟化象牙質を除去するバー
Komet H1SEMシリーズ
DSC_6224

バーを拡大すると
DSC_6225

クロスカットでサビに強いカーバイド性のバーなのですが
1,000〜1,500回転というとてもゆっくりとした回転数で使用することにより
振動と目詰まりと軽減し、発熱が少なく低速でも切れ味は抜群です

従来、軟化象牙質の除去にはスチールバーかステンレスバーが使用されておりますが
スチールバーは腐食の問題があり、ステンレスバーは切れ味が問題でした
こちらのタングステンカーバイドバーはそれらを補い
従来品と比較しても格段に硬く、またクロスカットの刃の切れ味が抜群で
軟化象牙質をスムーズに低発熱で除去でき
低振動によって歯質の破折の心配も軽減することができる素晴らしいバーです

回転数が低いので、使用できるユニットも限られては参ります
通常のユニットのマイクロモーターの最低回転数は大体⒋000回転ですので
5分の1減速などの減速コントラを使用するか
1000回転が出るユニットでのご使用をオススメいたします

先端の径は1.0mm〜1.8mmまで0.2mm刻みで5種類のラインナップがあり
1.0mm, 1.4mm, 1.8mm に関しましてはロングネックもあります
1本入りで、定価980円となっております

そしてもう6つ目は根管内で折れてしまったリーマーやファイルを除去するためのキット
コメット エンドレスキューです
DSC_6226


直径0.5mmまでの破折片に対応しております
こちらは動画をご覧いただいた方が早いのでそちらをご参照ください

セットの拡大
DSC_6227

使用方法には若干の条件が付きますし湾曲した根管で
破折片の上部まで直線的にアクセスでいない場所などでは適応できません
使用する際には使用上の注意をよくお読みになられてからご使用下さいませ


7つ目はオーラルケア製品です
白水貿易株式会社さんが取り扱うこととなった
インプラント、電動歯ブラシ用の歯磨剤で
歯科医院専売品である、ディノベート
top_main1

こちらはフッ素、研磨剤、発泡剤フリーだけでなく
インプラント周囲炎の予防のために
殺菌成分のCPCと、 IPMPの両方が配合されております

こちらの商品は歯科専売品ではありながら
インターネットのコスメのサイト、@cosmeにて
歯磨き粉部門で堂々の1位を獲得している商品です
51

ジェルタイプということと、すっきりとしたグレープフルーツの香りが
特に女性の間で人気のようです

インプラント用とはうたっておりますが
決してインプラント以外の方にも使っていただきたい商品です

そして7つ目は、同じくオーラルケア製品
3Mさんが遂に予防歯科の分野へ進出されて話題となりました
クリンプロシリーズのご紹介
こちらも少し前から発売はしておりましたが
私自身も初めて詳しくお話をお聞きしまして、賛同する部分が大きかったので
今回改めてご紹介をさせていただきます
DSC_6214

クリンプロシリーズは
プロケア=クリーニングと仕上げが1本で出きる、クリンプロクリーニングペーストPMTC用
セルフケア=クリーニングと再石灰化が1本で出きる、クリンプロ歯磨きペースト
同じくセルフケアの、デンタルフロスの3種類がリリースされました

これらの製品の一番の特徴は
フッ化物とfTCP(リン酸カルシウム)を同時に配合したという点です
一般的には、フッ化物はカルシウムと同時に配合すると不活化してしまい
再石灰化の効果が弱まると言われています
しかし3Mの今回の技術では、フッ化物とカルシウムの共存を可能にしました

これによって、フッ化物とカルシウムがそれぞれ歯の表面に接触し
フッ素イン濃度を維持したまま再石灰化を促します
また、先程のディノベートと同様に、CPC、 IPMP等の薬用成分も含まれており
歯周病も効果的に予防します

これらの製品が良いのはもちろんですが
それに付随する、予防をサポートする製品のラインナップが素晴らしいと感じました
それらがこちらなのですが
DSC_6215

まずは患者さんに記入していただく、齲蝕リスクチェックシート
これを書いていただくことで、患者さんの齲蝕リスクと口腔内の問題点をチェックしていきます
この中には、患者さん自身が予防歯科に興味があるかどうかを確認する事項もあります
そこで興味があったり気になることがある方には
お口の健康マニュアルをお渡しして
齲蝕チェックシートから予想される齲蝕の原因と
改善プログラムを患者さんに説明して理解していただき
実際に患者さんに行っていただきたい点をアドバイスしていきます

また、口腔ケア製品に関して興味を持たれた方には
その方にあった製品をお勧めしていただきます

予防に関しては、色々なシステムがあり
どのようにシステム化をしていったら良いかが課題となっている医院も多いのではないでしょうか?
3Mさんは、それらをしっかりと考慮され
患者さんが予防に対して関心を持っていただくために色々な取り組みをされております

その中の一つが、3Mさんが開設したサイト
Tooth! Navi
36

このサイトは楽しいイラストを盛り込み
お子様からお年寄りの方まで
楽しみながら予防に関して学ぶことができるサイトとなっております
これらも効果的にご活用いただければと思っております

ということで、その3のレポートを終了させていただきますが
今回の九州DSレポートもこれにて終了とさせていただきます

今回のそのに於きましてはデンタルショーから10日以上が経過してしまいましたので
カタログを見てもなかなか内容を思い出すことができず...
年ですかね^^;

2005年の10月にブログを開設して間もなく10年が経過しようとしております
初めてのDSレポートは2006年5月の九州デンタルショーレポートでした
その記事を改めて見直してみたら
何ともなさけないレポートだこと...ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ
それがいつの間にか数時間かけて書かなければならないレポートに変わってしまいました
それも1度では書ききらず、3度とかに分けてのアップとか

レポートを書くのは大変ですし
書いたからといって、一銭にもならないのですが
最初にも書きましたとおり、少しでも業界のため
そして自分自身のためになればと思い
今後も書き続けていくつもりです(2015年6月11日現在)笑

それでは今後とも、不定期な更新にはなりますが
私松井健郎のブログを末長くよろしくお願い致しますm(_ _)m