大分県の松井商会
歯科医院 開業 改装 コーディネーター
松井健郎です

デンタルショーレポートも今回が3回目ということで
そろそろネタと共に体力も尽きてきましたwww

元々文章力がなく、文章を書くのが苦手な私は
とてもブログに労力を使用します

どんどんと内容と文章が雑になってきていることかと思いますが
どうかその点はご容赦くださいませm(_ _)m

さて、今回のデンタルショーでの注目の一つとして
デジタル化がどこまで進むのか?
が挙げられました

昨年視察に参加した、ドイツIDS2017もそうでしたが
世界のデジタル化への移行という点がとても気になっておりました
特に今回は、口腔内スキャナーとCAD/CAM、3Dプリンターが、どの程度展示されており
アナログとデジタルの区別がされるのかに注目しておりました

結論からすると、まだまだ歯科業界ではアナログ色が多く残ってはいるが
デジタルへの移行の準備も着々と進んでおりますし
今後の人口減少等も考慮するとAIの歯科への応用も必ずや避けられない事でしょう
そんなこんなで、今後の動向を語る事は私には出来ませんが、現状の状況をお伝えできればと思います

まずは、IDS2017で世界の注目を浴びていた
イボクラールビバデントさんのミリングマシンが、いよいよ国内で発売を開始する事となりました
こちらが先ず先に発売となる予定のProgramill PM7
IMG_2644

そしてこちらはその後にリリースになるであろうProgramill ONE
IMG_2645

PM7は2019年のリリース予定ですが、先ずは関東地区で先行発売となる様です
タッチパネルスクリーンや、色によって分けられた切削ツールがもたらす直感的な操作性と
WetモードとDryモードを自動で切り替える機能性がミリングにかかる作業効率を向上
8枚のディスクまたは、48個のIPS e.maxキャドブロックの装着が可能で
セッティングされた最大20本のツールとともに個々の作業が適切に選択されます
5XT(次世代の5軸切削加工技術)は高品質な修復物製作を可能にします

Oneはサイズも重さもコンパクトな、院内向けに開発された5軸のミリングマシンです
搭載されたカメラは材料とツールに関する全ての情報を自動的に読み取ります
これにより異なる材料の選択や装着時のエラーを防ぎ、スムーズなミリングを実現します
5つのブロックチェンジャー、8ポジションのツールチェンジャーが
ジルコニア、e.maxをはじめ、様々なブロックを削り出します
発売が待ち遠しいですね
これに伴いディクスも発売となる予定です
IMG_2646


次は、デジタルプロセス株式会社が製造するWAXYとDORAがそれぞれ新しくなって登場
WAXY Plus
IMG_2647

と、DORA Plus
IMG_2649

WAXY Plusは保険技工のワックス、ハイブリッドレジンブロックの加工に重点を置いたシステムで
ジルコニア(オプション)、PMMA、ハイブリッドレジンディスクの加工にも対応しております
従来品よりも作業時間が短縮され、精度もアップしておきながら
価格は下がっております
高速、高性能でありながら、設置面積はA3サイズでわずか25kgと軽量
他CADで設計されたデータでもSTLデータを取り込み、加工が可能です(オプション)

DORA Plusも従来品よりもスキャン速度も精度もアップ
しかし価格は下がっており、更にお求めやすくなりました!
LEDパターン光投影方式による高速、高精度スキャンでありながら
こちらもA3サイズで軽量です

こちらのDORAとWAYYは大榮歯科産業さんのブースにて展示しておりましたが
大榮さんでは更に新型の3Dプリンターも販売を開始するようです
それがこちらのDiploという機種
IMG_2662

オープンマテリアルシステムを採用し
様々な会社の材料を使用できる点が売りです
また1つのプラットフォームに2つの印刷領域を搭載し
1時間で20個の歯列の高速印刷を可能にしました
7インチのタッチスクリーンを搭載し、操作性も非常に高い製品です
本体サイズも480× 480× 495と非常にコンパクトで設置場所に迷うこともありません

そしてクルツァーさんからは新型のスキャナーとミリングマシン
ソフトウェアをセットにしたシステム、cara CAD/CAM CCSシステムが登場
IMG_2717

こちらにはミリングマシンが写っていないので、違う写真でご紹介
IMG_2242

写真は北海道デンタルショーで撮影したものですが、ついに正式なリリースとなったようです
このセットで価格は、3,680,000円
ライセンス料と、保守料は別途かかるようですが、随分と低価格なシステムです
cara CAD:CAM CCSシステム


が。。。
クルツァーさんはこんな企画をご用意
クルツァー残花設定リース

何と、車と同じような残価設定プラン
7年リースで購入金額の30%を残価設定した場合は
月々のお支払いは39,400円(税別)まで下がります
7年で投資以上の効果を狙って7年後には残価を返済しましょうという
非常に手の届きやすくなったプランです
活用には一定の条件がありますので、詳しくは弊社までお問い合わせください

そしてノーベルバイオケアさんのブースでは
昨年のIDSで発表された、同じダナハーグループであるKaVoスキャナーLS3が展示してありました
IMG_2722

詳しいお話を聞く事はできませんでしたが、カボはIDSではこのスキャナー以外にも
ミリングマシンを2機種展示しており、それがいつ国内でリリースされるかが注目されています
以前の機種、アークティカがあまりにも突然の販売終了でしたので^^;
スキャナーが販売を開始したという事は、その他、口腔内スキャナーを含めたその他の機器も...
と期待してしまいますね
今後のKaVoに注目です!

続いてはマテリアルのご紹介
モモセ歯科商会さんが取り扱いを開始した
ドイツ ナセラ社の光透過率51%のジルコニアマルチレイヤーディスク
パールQ3マルチシェードと
高強度1200Mpaのパールシェード

IMG_2707

IMG_2708

ジルコニアでも天然歯に近い透過性を出せる時代になりました
今後もジルコニアの市場は益々高まりそうですね

そのジルコニアつながりで
新製品ではありませんが
モクダさんが取り扱う、ホリコのセラハリケーン
セラハリケーン

ロビンソンブラシのような形態は細かいところに入り込んで
短時間でピカピカにすることが可能ということです
ジルコニアの荒研磨から最終研磨までが5分で終了するという点を売りにしており
説明の技工士さんから、熱く語られました(笑)
ラボサイドでもチェアサイドでもご使用いただきたい商品です

またザクザク切るにはこちらもモクダさん扱いの
デデコのセラダイヤ スーパーファースト
セラダイヤスーパーファースト

こちらのざっくりと削れるのに、すり減らずに耐久性が高く
発熱も少ないという点が優れているということでした

各社が色々な3Dプリンターやらミリングマシンやらも展示をしておりましたし
最終回としては内容的にも不十分だったかもしれません
私自身がもっと技工の知識を付けて、時間を取って聞くことができれば
内容は変わったかもしれませんが、現段階で報告できることを書いたつもりです

デンタルショーのレポートは、随分昔から書いておりますが
やはり自分自身が聞いたことを、うまく文章で伝えることの難しさにはいつも苦労させられます
しかしながら、自分自身の勉強にもなりますし
不足している部分、会社として弱い部分等、色々と気づくことが出来ますので
今後もこの様な形でご報告できればと思っております

3回にわたって書かせていただきましたが
お付き合いいただけました皆様へは心より御礼申し上げるとともに
各地のデンタルショーで見かけた際には是非ともお声掛けいただければ幸いです

また、メーカー様に於かれましては
自身を持ってご商会できる製品であれば、もっともっと私に売り込んで
ネタとしてご提供頂ければ幸いです
私もネタを探しておりますので(笑)

本当にお付き合いいただきましてありがとうございました
そして今後とも弊社を宜しくお願い致しますm(_ _)m